Q&A

HOME > Q&A > オゾン脱臭作業 > オゾンは人体に有害と聞きました。安全性に問題はありませんか。

オゾン脱臭作業

オゾンは人体に有害と聞きました。安全性に問題はありませんか。

確かに、オゾンは高い濃度を吸い続けると、粘膜や肺などに刺激を与えることが知られています。その為カルモアでは、有人空間ではオゾンを用いる脱臭作業は一切おこないません。また、オゾン脱臭作業を行う区域は立ち入り禁止の処置を取り、作業員も防毒マスク・防護服などを着用して、作業を行います。
オゾンは酸素に放電を与えて生成させますが、数時間で酸素に戻るという性質をもっています。わかりやすい例えに、オゾンをガスボンベに満杯に満たしたと致します。1日放置しておくだけで、ガスボンベに満たしていたオゾンは全て酸素に戻ります。そのため、オゾンそのものの残留性の心配はなく、作業終了後数時間で入室可能な環境が整います。

オゾン脱臭作業 その他のご質問
オゾン脱臭作業

ページトップへ