におい用語辞典

におい用語辞典

あ

悪臭防止法
工場やその他の事業場における事業活動に伴って発生する悪臭を規制することにより、 悪臭防止対策を推進し、生活環境を保全、国民の健康の保護に資することを目的として、 昭和46年に制定された法律。 ……続き
アセトアルデヒド
CH3CHO。分子量44.05、沸点21℃、融点−123.5℃、比重0.784、刺激的な青臭いにおいをもつ、検知閾値は0.0015ppmとされている。特定悪臭物質に指定されており、敷地境界規制基準の範囲は0.05〜0.5ppmである。主な発生源として化学工場、たばこ製造工場をもつ工場などがある。  ……続き
アンモニア
NH3,分子量17.03、沸点−33.4℃、融点−77.7℃、刺激性のある気体で、検知閾値は0.15ppmとされている。特定悪臭物質に指定されており、敷地境界規制基準の範囲は1〜5ppmである。主な発生源としては畜産事業場、化製場、し尿処理場等がある。  ……続き

ページトップへ

い

閾値
(嗅覚)閾値には検知閾値(絶対閾値ともいう)、認知閾値、弁舌閾値がある。検知閾値は、何のにおいか分からなくても何かにおいを感知できる最小濃度、認知閾値は何のにお ……続き
イソ吉草酸
強い酸臭、チーズ臭ないしは古靴下のにおいを有する無色の液体で、水に4%程、アルコールや油類によく溶ける。 比重0.928〜0.931(20℃)、沸点176.5℃、引火点70℃、認知閾値 ……続き
イソバレルアルデヒド
(CH3)2CHCH2CHO分子量86.14、沸点92.5℃、比重0.800、検知閾値は0.0002ppmとされている。特定悪臭物質に指定されており、敷地境界規制基準の範囲は0.003〜001ppmである。  ……続き
イソブタノール
(CH3)2CHCH2OH分子量74.12、沸点108℃、融点−108℃、比重0.802、刺激的な発酵したにおいで、検知閾値は0.012ppmとされている。 特定悪臭物質に指定されており、敷地境界規制基準の範囲は0.9〜20ppmである。香料製造原料、溶剤として用いられる。  ……続き
イソブチルアルデヒド
(CH3)2CHCHO分子量72.11、沸点64.2℃、融点−65.9℃、比重0.790。 検知閾値は0.0009ppmとされている。特定悪臭物質に指定されており、敷地境界規制基準の範囲は0.025〜0.2ppmである。 ……続き

ページトップへ

う

ウェーバー・フェヒナーの法則
感覚の大きさが刺激強度の対数に比例する法則のことをいうが、正しくはフェヒナーの法則と呼ぶ。ウェーバーの法則は相対弁別閾がほぼ一定になるという実験法則で、フェヒナーは、感覚の大きさは弁別閾をもとの構成できると仮定し、ウェーバーの法則を利用して上記の対数法則を導いた。  ……続き

ページトップへ

え

液体クロマトグラフ
液体を移動相とし、固定相との相互作用の違いによる移動相の差を利用して混合物を分離し検出する方法を液体クロマトグラフィという。通常、液体クロマトグラフィと呼び、そ ……続き

ページトップへ

お

OER
臭気排出強度。煙突や排出口等から排出される臭気の臭気濃度に排ガス量(m3N/分)を乗じて求められる。すなわちOERは、清浄空気ににおいを付け得る臭気の排出量を m ……続き
オゾン酸化法
強力な酸化剤であるオゾンにより臭気成分を酸化分解したり、オゾンによるマスキング効果などを利用した脱臭方法である。特に硫黄化合物に効果があるが、高濃度臭気の場合は ……続き

ページトップへ