におい用語辞典

におい用語辞典

OER

臭気排出強度。
煙突や排出口等から排出される臭気の臭気濃度に排ガス量(m3N/分)を乗じて求められる。すなわちOERは、清浄空気ににおいを付け得る臭気の排出量を m3N/分の単位で表したものであり、個々の臭気発生源の汚染強度を示す指標となる。
例えば、OERが5.0×106m3N/分である発生量の汚染強度は、東京の霞ヶ関ビルの容積を約5.0×105m3と見積もると、霞ヶ関ビル10杯分の清浄空気にかすかに臭いを付けるだけの排出量を毎分当たり有していることを意味している。OERの値をもとに、各排出源の臭気汚染に対する影響力の相対的な比較や影響範囲の予測などが概括的ではあるが可能となる。また、OERは大気拡散式に基づく予測手法にも用いられており、臭気対策を行う際に必要な概念と言える。

ページトップへ