におい用語辞典

HOME > におい用語辞典 > あ行 > ウェーバー・フェヒナーの法則

におい用語辞典

ウェーバー・フェヒナーの法則

感覚の大きさが刺激強度の対数に比例する法則のことをいうが、正しくはフェヒナーの法則と呼ぶ。
ウェーバーの法則は相対弁別閾がほぼ一定になるという実験法則で、フェヒナーは、感覚の大きさは弁別閾をもとの構成できると仮定し、ウェーバーの法則を利用して上記の対数法則を導いた。

ページトップへ