導入事例

HOME > 導入事例 > 医療現場におけるホルムアルデヒド対策> 医療現場に於けるホルムアルデヒド対策/事例3:病院

医療現場におけるホルムアルデヒド対策

医療現場に於けるホルムアルデヒド対策/事例3:病院

事例ポイント

・ 臭気質/臭気成分: ホルムアルデヒド(病理検査室等)
・ 特定化学物質障害予防規則等の改正に基づき、病理検査室他のホルムアルデヒド対策を行いたい
・ ホルムアルデヒド濃度0.1ppm以下を保証するシステム
・ 今後法律化が予想されるキシレンの低減対策もできると良い
・ 効果確認のデモテストで、複数製品を比較検討したい

茨城県内某病院

平成20年3月1日から施工・適用された特定化学物質障害予防規則等の改正により、病理検査室他のホルムアルデヒド対策が急務となり、本病院ではホルムアルデヒド対策委員会が設立されました。
その対策委員会にて、カルモアを含む4社のメーカーが選択され、4社に対してデモテスト依頼が出ました。

デモテスト
テスト風景

テスト風景

4社のデモテストの結果、カルモアハイブリッド脱臭システムのみがホルムアルデヒド濃度0.1ppm以下達成しました。さらにキシレン濃度も大幅に低減し、病院関係者から感嘆の反応を頂きました。本装置の設置日まで貸し出しを行い、各種参考データを収集致しました。

対策案のご提案
ハイブリッド脱臭システム

ハイブリッド脱臭システム

ホルムアルデヒド濃度0.1ppm以下を保証している関係から、病理検査室関係者と数回に渡る現場打合せを行うことになりました。
室内に発生するホルムアルデヒドの1時間あたりの発生量を把握し、局所排気装置及び酸素クラスターイオンによるホルムアルデヒドの物質収支計算を行います。
最適な対策案としてハイブリッド脱臭システムを設計致しました。
さらに、今後法律化が予想されるキシレン濃度の大幅低減対策が可能な設備設計も行いました。

ハイブリッド脱臭システムの設置、効果

その後、平成22年2月に正式な設置依頼を頂き、3月に全面的な設置工事を行いました。
本病院では、既存のテーブルを生かした卓上型の切出しテーブルを設計する事で、新設で導入するよりも安価にハイブリッド脱臭システムを導入する事ができました。

4月に設置後のホルムアルデヒド及びキシレン濃度を測定した結果が以下となります。
■ホルムアルデヒド濃度・・・0.1ppm以下達成
■キシレン濃度・・・大幅低減達成
上記の数値を保ったまま、現在も活躍しています。

ページトップへ