導入事例

HOME > 導入事例 > オゾン脱臭作業> 火災臭対策/事例1:マンション

オゾン脱臭作業

火災臭対策/事例1:マンション

事例ポイント

・ 臭気質/臭気成分: 焼け焦げ(火災)臭、ダイオキシン等
・ 焼け焦げ臭は人間の嗅覚に非常に鋭敏に反応する為、脱臭がとても難しい
・ 内装は綺麗に仕上がっても火災臭は相変わらず臭うというクレームを招き兼ねない
・ 確実に対策が行われ、しっかりとした実績がある業者を選びたい
・ 単に臭気を取るだけでなく、復旧工事の一環として臭気専門家の立場からアセスメントしてほしい
・ 作業完了後にも分析データを取り、住民への説明資料としたい

住友不動産
全焼した部屋

全焼した部屋

住友不動産殿の分譲マンションで火災が発生。
復旧工事にあたる住友不動産殿から火災後の焼け焦げ臭を完全に除去して欲しいという依頼があり、カルモアのプロサービスチームが出動しました。
焼け焦げ臭は人間の嗅覚に非常に鋭敏に反応する性質があります。
これは人間の危険予知の本能があるからなんですが、対策にあたっては慎重かつ集中的な対策を行わないと、内装は綺麗に仕上がっても火災臭は相変わらず臭うという最悪のクレームを招く結果となります。
カルモアは過去、この火災後の焼け焦げ臭対策として百数十件の実績を積んで参りました。

問題解決に向けた正しい姿勢
養生風景

養生風景

カルモアは単に臭気を取るだけでなく、施主様、建築会社様と三人四脚で完全なる復旧工事を目指して、まずは室内の汚染状況をアセスメントし、撤去すべき建材、復旧工事に際しての注意点をコンサルテーションいたします。
この場合は、部屋をそれぞれ養生し、個別のススの汚染状況や臭気の付着具合をアセスメントいたしました。
その後、オゾン薫蒸方式&マイクロゲル噴霧によって室内の焼け焦げ臭を大幅に低減化させ、無事に復旧工事も完了いたしました。

大規模復旧工事
対策工事風景

対策工事風景

このカルモアの火災後の臭気アセスメント及びコンサルテーションは数多くのデベロッパー様、ゼネコン様より高く評価されており、平成14年に起きた三菱重工業長崎造船所のダイヤモンドプリンセス火災事故においても、カルモアのアセスメント&コンサルテーション、並びに脱臭作業が全面的に導入されております。

ページトップへ