導入事例

HOME > 導入事例 > 酸素クラスター除菌脱臭装置(ダクトイン型)> 病院内の脱臭装置および院内感染防止対策

酸素クラスター除菌脱臭装置(ダクトイン型)

病院内の脱臭装置および院内感染防止対策

事例ポイント

・ 臭気質/臭気成分: ガン病棟特有の臭気
・ 導入の前に、脱臭効果をテストしたい

重粒子医科学センター
重粒子医科学センター

重粒子医科学センター

千葉県にある独立行政法人放射線医学総合研究所の施設内に、日本最高度の医療技術を誇る重粒子医科学センター病院があります。
 ここではガン患者に対し、重粒子線による治療を行っており、患者だけでなく、そこで治療に携わる人やお見舞いの家族の方々からも施設内の無臭化が望まれていました。

脱臭効果

最初に婦人科処置室や検査室などの3箇所に酸素クラスターイオンによる脱臭装置が試験導入されました。設置後、 看護師さんなどからその効果が認められました。

導入事例集(図)03
院内感染防止にも一役たちます。
ダクトイン設置風景

ダクトイン設置風景

翌年には空調ラインに組み込むダクトイン型が採用され、幅広いエリアに酸素クラスターイオンによる施設内の脱臭対策が実施されました。
 また、酸素クラスター雰囲気は浮遊菌の除去も行うため、院内感染症の防止に効果が期待されています。

ページトップへ