導入事例

HOME > 導入事例 > 酸素クラスター除菌脱臭装置(ダクトイン型)> 排水処理施設・ゴミ処理施設の脱臭対策

酸素クラスター除菌脱臭装置(ダクトイン型)

排水処理施設・ゴミ処理施設の脱臭対策

事例ポイント

・ 臭気質/臭気成分: 排水臭、ゴミ臭、汚泥臭 / 硫化水素、メチルメルカプタン等
・ ガス特性: 多湿
・ 排ガス規模: 30m2/min(局所排気)
・ 活性炭の交換頻度が多く、メンテナンス費が高くて困っている
・ 汚水槽から施設内外に漏洩している臭気の脱臭も行いたい

国際フォーラム
国際フォーラム

国際フォーラム

東京駅至近から国際的なコンベンションやセミナーを開催する東京国際フォーラム。
その排水処理室とゴミ処理施設から発生する臭気が問題となり、カルモアへ対策依頼。
カルモアのテクノロジーが全面的に支持され、酸素クラスター脱臭装置とセラカーボン脱臭装置が全面的に採用されました。

セラカーボン脱臭装置の設置

原水槽・汚泥貯留槽の排気の脱臭にセラカーボン脱臭装置を設置いたしました。
メンテナンス期間が1年に延び、なお脱臭効率が99%という超高性能ぶりに非常に喜んで頂きました。
通常の活性炭脱臭装置では実現できないこの高性能はセラミック+活性炭というカルモア独自のテクノロジーならではです。

導入事例集(図)03
酸素クラスター除菌脱臭装置の設置
ダクトイン型の設置風景

ダクトイン型の設置風景

地下の排水処理室、ゴミ処理室に悪臭が充満し、作業効率を著しく悪化させていることから酸素クラスター脱臭装置を取り付けて、ほぼ無臭レベルまで落とすことになりました。
導入後は床下に排水処理施設があるとは言われないと判らないほどに、空気が良質化され、現場で働く作業員の方々に非常に喜んで頂きました。

排水処理設備の対策については、局所排気から処理室内の対策まで幅広い対応が可能です。

導入事例集(図)04

ページトップへ