導入事例

HOME > 導入事例 > スプレーシステム脱臭装置> ゴム工場の排気臭対策

スプレーシステム脱臭装置

ゴム工場の排気臭対策

事例ポイント

・ 臭気質/臭気成分: ゴム臭(多種のゴム製造工程排気臭)
・ ガス特性: 多湿、粉塵有り
・ 排気風量が大きく、活性炭や燃焼方式ではコストがかかりすぎでしまう
・ 工場周辺で苦情が発生しており、早急に臭気対策を行う必要がある
・ 排出口や臭気漏洩箇所が多数あり、どこから臭気対策を行ったら良いかわからない

ゴム加工工場
スプレーユニット設置イメージ

スプレーユニット設置イメージ

ゴム工場では様々な工程があり、独特の臭気が工場のあらゆる箇所から排出されています。これらの臭気は屋上から排出されていることが多く、排気風量が大きいのが特徴です。また、脱臭装置は、ゴム臭に有効な活性炭や燃焼方式などは、サイズ・重量・排気風量・コストの観点から設置が難しいのが現状です。

臭気対策コンサルテーション
臭気対策コンサルテーション風景

臭気対策コンサルテーション風景

ゴム工場の排出口は無数にあり、全ての対策を実施することは困難です。
この工場では、64箇所の臭気発生源に絞り込み、臭気対策コンサルテーションを行いました。これにより状況把握や原因の特定、対策順位付けを行いました。
コンサルテーションは取り組みから完了まで1ヶ月程度かかりますが、これらの詳細結果から、適切な対策方法を検討することが苦情解決への近道であると言えます。
今回は、苦情発生エリアへの飛散状況を拡散シミュレーションなどを含めて検討を行い、総合的な対策案を御提案致しました。

脱臭装置導入
スプレーシステム、スプレー噴霧

スプレーシステム、スプレー噴霧

コンサルテーションの結果から、最優先で取り組んだのが工場場内の気流対策です。
熱気対策、粉塵対策も兼ねて気流を整備し、臭気が場内に充満しにくい場内気流に改善しました。その後、改善することによって屋外へ排出される排気ラインに消臭剤マイクロゲルをダクト内で噴霧し、脱臭効率にして70〜85%の除去率で排気しています。
イニシャルコストを抑えたこの対策により、工場から排気される臭気のインパクトを大きく低減させることができました。このような提案が出来るのもコンサルテーションを実施した結果と、幅広い脱臭装置を提案出来るカルモアならではのサービスです。

導入事例集(図)04

ページトップへ