導入事例

HOME > 導入事例 > 酸素クラスター除菌脱臭装置(室内設置型)> 既存マンションゴミ置き場の臭気対策

酸素クラスター除菌脱臭装置(室内設置型)

既存マンションゴミ置き場の臭気対策

事例ポイント

・ 臭気質/臭気成分: ゴミ臭
・ 既設(竣工後)のマンションゴミ置き場の臭気対策をしたい
・ マンションゴミ置き場での実績がしっかりとある脱臭装置を導入したい
・ マンション住民からのゴミ置き場のニオイ苦情を解決したい
・ 時間が経ち、ゴミのニオイが染みついてしまったゴミ置き場を対策したい

ゴミ置き場での悪臭苦情
酸素クラスター除菌・脱臭装置

酸素クラスター除菌・脱臭装置

ゴミ置き場に脱臭装置を取り付けていないマンションでは、竣工後に臭気問題が浮上するケースがあります。カルモアには暑くなってくる春先頃から、夏に向けてそういったマンションからゴミ置き場の臭気対策を行いたいと多くの相談が寄せられます。

不衛生で臭気が強いゴミ置き場には、住民が施設内まで入りたがらないこともよくあります。
そのためか入口からゴミを放り投げるなど扱いが粗末になることもあり、施設内に散乱したゴミから起きた臭気は清掃をしてもなかなか押さえられないという悪循環を作り出す原因となってしまいます。

酸素クラスター除菌脱臭装置のエアホークシリーズは、そういった竣工後月日が経過し悪循環を持ってしまったゴミ置き場でも、徐々に臭気を低減することができます。

導入事例集(図)02
機器の選定・ゴミ置き場環境改善のアドバイス

まずは、現場調査を行います。
エアホークシリーズは大きさや仕様の違いで全部で8つの種類があり、ゴミ置き場の容積、換気設備(給排気)の位置、ゴミの種類と量(=臭気の強度)を入念に調査し、その中から最適な機器をご提案します。
また、こういった脱臭装置のご提案と平行して、ゴミ置き場の運用方法についてアドバイスをさせていただく事もあります。

 【アドバイス例】
  ・ゴミを床置きしている場合は、コンテナ収納にする
  ・床への臭気の染みこみを防止するため、床を樹脂塗装する
  ・こまめに清掃をする

機器の設置だけでなく、このような工夫をする事でゴミ置き場の環境はより一層改善されます。

酸素クラスター除菌脱臭装置の設置
酸素クラスターイオンの測定

酸素クラスターイオンの測定

カルモアでは、技術員による酸素クラスター除菌脱臭装置の取付作業も行っています。
機器取付後は、酸素クラスターイオンの生成量を計測し、正常にイオンが生成されている事を確認します。
イオンが正常に生成されていることを確認し後は、壁に染みこんでしまっている臭気を早期低減するために約3ヶ月常時運転する事をお奨めします。
酸素クラスター除菌脱臭装置は都内の多くのマンションに導入されており、現在もその効果を発揮しています。また室内設置型のほかにダクト設置型の機器もあり、建築段階からのご提案も可能です。

まずはカルモアまでご相談ください。
酸素クラスター除菌脱臭装置により、住民の方が立ち入りやすい衛生的な空間を造り出します。

ページトップへ