導入事例

HOME > 導入事例 > 除菌・防かび対策> 漏水事故や火災事故の際のカビ処理とその後の防かび処理(プロパストップ)

除菌・防かび対策

漏水事故や火災事故の際のカビ処理とその後の防かび処理(プロパストップ)

事例ポイント

・ カビ発生箇所: 壁裏・床下
・ マンションで漏水に気付かず、壁裏・床下に大規模なカビが発生
・ かびの発生が人体に影響が無いか、マンション管理会社として確認したい
・ 目視でカビが確認できない場所がどれくらい汚染されているかが重要
・ 見えるだけのカビを対策しても、あっという間に元に戻ってしまう
・ 再発がないよう、抜本的な防カビ施工を行いたい

積水ハウス
裏側にカビが大発生

裏側にカビが大発生

住宅地に建てられたマンションで漏水事故が発生。
今までですと階下への雨漏りですぐに発見されることが多い漏水事故ですが、近年の緊密な施工ですと階下に水漏れが発生しません。
その為、床下に水がたまったまま数ヶ月が経ってしまい、壁裏・床下に大規模なカビが発生。カルモアプロサービスチームの出番となりました。

カビの調査
カビは無いように見えますが...

カビは無いように見えますが...

カビの問題が発生した場合、まずはカビの菌種や生息状況を調べます。
カビが出ているところは問題外なので計りません。大事なのは写真の場所のように目視ではカビが確認できない面にどれだけの胞子が付着しているかということです。
ここをしっかりと把握しておかないと、見えるだけのカビを対策してもあっという間に元に戻ってしまいます。
多くの防カビ施工業者が上手くいかないのはここにあります。目には見えないカビを目に見えるようにして確実に状況を判断する。カルモアの豊富な経験がこういうところに息づいています。
今回の現場はカビの汚染度が大と判定され、室内表面及び建材の全面的な殺菌処理と防カビコーティングを行うことになりました。

カビの殺菌&防かびコーティング
カビやすい木材は丁寧に作業

カビやすい木材は丁寧に作業

カルモアのカビ施工はマンション程度の大きさですと、通常一日で終わります。
まずはプロパストップタイプEを室内の表面やあらゆる場所に噴霧すると、プロパストップタイプEに含まれるエチルアルコールがカビに触れた瞬間に除菌します。
その後、抗菌剤を含んだミクロ上のゼリー物質であるマイクロゲルが建材などの表面にびっしりと残り、その後数年間にわたってカビを一切寄せ付けません。
もちろんマイクロゲルは安全無害、以後の安心な暮らしが約束されます。
ちなみにカルモアの建材に対する防カビ処理は5年保証。

カルモアはあらゆる施設の防カビ処理を請け負っております。

ページトップへ